初心者でも簡単にパンが作れるパン教室|専門的に学ぶなら専門学校へ

コーヒーとノート
  1. ホーム
  2. 学校で学ぶために

学校で学ぶために

カフェ

コーヒーの専門的な知識を持っている人や、コーヒーを淹れる資格を持っている人をバリスタと呼びます。バリスタはバーでお酒をつくる人と同じように、喫茶店などでカウンターからコーヒーを提供します。コーヒーの資格というのは、ライセンスのことを指します。これは資源の向上と業界へ貢献することを目的としたものです。この資格はコーヒーに関わる基本的な知識や抽出方法など高度な技を、筆記試験と実技試験で取得することができます。この資格を持っていることで、正式なバリスタと認定され就職しやすくなります。バリスタ業界で働くためにはライセンスは必須といえるため、その為にコーヒーの資格がとれる学校へ行くことも必要となってきます。

コーヒーの資格を取りバリスタとして働くためには、学校へ行くのもひとつの手段です。バリスタ専門の学校では、試験に必要な勉強が学べます。試験は実技と筆記で行われますが、学校選びは実技に力を入れている学校を選ぶと良いでしょう。実技を多く授業で取り入れている学校は、卒業してからも役に立つことを教わることが出来ます。さらに、バリスタとして必要なたしなみも教わることができるでしょう。更に、プロのバリスタがいる学校がおススメです。プロの講師に教わることで最新の技術を学び、技に磨きがかかります。そして、現場の話を聞くことで、社会に出た後必要なスキルを学ぶことが出来ます。実習だけでは体験できないことを学べる学校を、選ぶのが望ましいです。